きれいにエアコン取り外しを行う

subpage01

最近のエアコンの性能や機能もよくなってきています。エアコンを処分する場合やエアコンを交換する場合は今取り付けてあるエアコン取り外しが必要となります。

エアコンは本体が室内に設置されていますが、室外機とパイプでつながっていますので、工具などを利用して取り外しを行う必要があります。

エアコンの取り外しの情報が必要な方必見です。

基本的にエアコンは自分で取り外すことはできますが、手順通りに行わなければ破損するようなことにもなりますので注意も必要となります。自分でできないと感じた場合は業者へ依頼を行うほうが一番よい方法ということになります。

エアコン取り外しは手順がありますが、工具を揃えることから始まります。

モンキースパナやドライバー、六角レンチ、カッター、ニッパーなどが必要となってきます。
室外機と室内機のカバーを取り外すことから始めます。エアコン取り外しはフロンガスが大気中に放出しないようにしなければならないため、ポンプダウンという方法でフロンガスを閉じ込めます。


その方法は夏場であれば温度設定を最低にしておいて運転を開始してファンを回すようにします。



その状態でバルブキャップを六角レンチで先に締めるのは送り側のバルブキャップです。そして強制運転を続けたまま太い方の受け側のバルブもしめます。


そして運転を停止することでポンプダウンが完了することになります。
その状態でコンセントを抜いてバルブを外し室内機も取り外すことができます。



パイプの配管や取り付け金具の処理などを行うことで完了となります。きれいに仕上げるにはこれら最後まで行うことです。